川平織

沖縄の離島の織物は木綿や麻を素材にしたものが主力である。
つまり絹糸で織られたものは少ないのだ。

離島の絹織物は『与那国花織』『久米島紬』そしてこの『川平織』ぐらいだろうか。
                 (もし他にもありましたら教えてくださいませ^^;)
特に石垣島はそのほとんどが麻素材の上布と木綿のみんさー織。
一部“ぐんぼう”と呼ばれる交織布があり、経糸(たて)が木綿で緯糸(よこ)が絹糸のものもある。

石垣で唯一と言ってよい絹織物『川平織』は川平湾近くの『からん工房』さんで織られている。

     karan1

かつてはこの川平地域では養蚕もされていたとのこと。
そこで収穫される繭やここの自然の草木を染料にして川平織は生まれた。
現在は時代の変遷とともに養蚕は行われなくなってしまったが
染めの材料は今もこの地のものこだわっている。
                (藍のみ本島の琉球藍で)

 karan3  karan2
     左がガジュマルで染めた糸を乾かしているところ。右は琉球藍かな。

その他の島の染め材料となる植物はコチラ

いきなりだったのだが訪れたのは日曜日。
工房の作業はお休みだったので織っている様子は見学できなかった。
だがその分ゆっくりお話を伺うことができたのは嬉しかった。

     karan4
     製織途中の九寸帯。

そのほかにも試行錯誤して出来上がった織見本なども拝見したが
どれも草木染の優しい色合いで、細かな織りの組み合わせと素材が生きた手触りだった。

ここ『からん工房』さんでは“手織り塾”というものを行っている。
初心者から経験者まで作品製作に取り組むことができるのだ。
一日だけの“染織体験”ももちろんあるのだが
この“手織り塾”は1週間前後の短期コースと 1ヶ月?3ヶ月という長期コース。
つまりストールからきものや帯などまで、
決して“お土産品”の範疇ではない作品を、教えていただきながら仕上げる。
近くの民宿に泊り込み、あるいは自炊できる場所を紹介していただいて滞在し
どっぷりと石垣島の自然と染織に浸れる時間となるのだ。

        jyuku

宇ゐの町屋で徒然記』でも川平を訪れたことをUPしたが
ここの樹木たちはどれもが強い生命力を感じる。
それらのパワーをもらいながら一枚の布に織る。
一反のきものや帯を仕上げるのは想像をこえる手間だ。
何かに没頭するのには申し分のない環境であり、ただひたすら糸や布と向き合って過ごす日々。。。
時間がゆったりと取れるようになったらぜひ入塾してみたい。。。

                      『手織り塾』に関してはこちらをご覧ください。 


花織みんさ

沖縄の石垣島で織物の工房を訪ねた。
その第一弾。

           mineya3


『花織みんさ』は“みんさー織”の“いつ世柄”を花織の技法で浮き織にしているもの。
みんさーとは五つの枡と四つの枡柄を織り込んだ木綿の細帯のことで
普通目にする半幅帯よりもだいぶ細い帯。
五ツと四ツは“いつの世(五つの四)までも末永く”という願いがこめてある。
綿狭織(めんさおり)が語源ではないかとのこと。

    五ツと四ツの柄 →minsa1
 
訪ねた『みね屋工房』さんは石垣島の西側に大きな工芸館を持つ会社で
機織風景も見ることが出来る。
八重山上布やみんさー帯、花織みんさの帯のほか、花織みんさをあしらった服飾や小物も販売している。
運良くみね屋工房の女性社長さんにお話を伺うことができた。
現状はやはり民芸品として小物や衣類の販売量が勝っているとのことだが
やはりきものや帯はこれからもっと作って継承して行きたいとのこと。


     mineya4

石垣市街地内の大川という場所にあるショップ。
           minsa4

mineya1 mineya2

沖縄にはいわゆる“機械織”というものはない。
染料は堅牢度(けんろうど)といって色の耐久性から化学染料が使われることがあるが
織りについては昔も今も人の手によるものだ。
このみんさーも花織みんさも八重山上布も糸を染めてから織られる“先染め”である。
素材は木綿・絹・木綿と絹や苧麻、芭蕉の混紡(ぐんぼう)・そして麻(苧麻)。

今回いただいたのが木綿の八寸帯とやや幅広(17cm幅)の半幅帯。
木綿とは思えないような糸艶のいい帯だ。

    minsa2

この半幅帯は浴衣はもちろん、夏のきものにも使えそう。(実際にもう巻いてしまっているw)
八寸帯は色からしてもやはり単衣?袷。

みんさー、または花織みんさの半幅帯はゆかたにはほんとに合わせやすい。
巻き心地もいいしゆるみもないのでもっと全国的に普及してもいいような気がする。
色のバリエーションも工房では豊富なのだが
“内地”の店頭にはあまりそろってないのが現状。
希望を言うなら、どうしても色が原色に近いものが多いので
もっと中間色やデザイン的に面白いものがあってもいいような気がする。

祇園のママが祇園祭の宵山で着る竺仙の藍染の白地浴衣用に
花織みんさの藍色の半幅帯を購入して帰った。
これはとても良く合ってきれいだった

工房へはまた近いうちにぜひ伺いたい。

社長さんも社員のみなさまもとても親切にしてくださり
ありがとうございました<(_ _)>

     

綿薩摩

実に4ヶ月ぶりの更新。
やっと写真の整理やUPする気力を取り戻しました<(_ _)>

今年3月末に出かけた南九州でもう一箇所回って来た場所がある。
『南九州紬紀行?』とするはずであった
“薩摩絣”である。
木綿の織物の中でも最高のものとされている薩摩絣は
その肌理(きめ)の細かさから肌触りは格別。

綿薩摩の絣模様は大島紬と同じ“締機”(しめばた)による。
結城紬の絣は手くくりによって防染される場所に糸が巻かれるが
この『締機』は経糸(たて糸)の木綿糸で図案に合わせて
強く締めて仮織されて絣模様が生まれる。

       mensatuma3


訪ねたのは西都城の『東郷織物』さん。

手織りの丹念な仕事によって見事な布となっている綿薩摩は
絹に負けない柔らかさと木綿のなめらかさを併せ持つ
独特の風合いが魅力的だ。

       mensatuma6


明るい工房で黙々と織り続ける職人さん達の手わざは見事で
美しい藍色の布がここから産まれる。

       mensatuma5


木綿糸は絹糸よりすべりが悪く綿薩摩に使われる極細の糸は切れやすい。
それだけに繊細で高い技術を要する織物なのだ。
かくして紬愛好家には垂涎の着物。
現在は藍染以外のおしゃれな色合いも多く
私もいつかは仕立てて着たいあこがれの紬である。

       mensatuma7
 

上の写真の綿薩摩は絣のない比較的お手ごろの物。
東郷織物さんはアンテナショップ“NAギャラリー”も持っておられて
実際に綿薩摩の着尺や綿薩摩で作られた小物類も常設されている。

  tohgoh2
 

ちなみにかの有名な県知事東国原氏も都城出身。
東郷織物さんにも来られたことがあるそうな。
マンゴーや地鶏だけでなく、薩摩絣普及や技術者育成にも
ぜひご尽力願いたいものである。。。



琉球花織と紅型

琉球の紬の第二段。

出張先で着尺の写真を撮れたのでご紹介。

    ryukyu3


読谷村花織着尺の表と裏である。
ダダダダーと糸が渡っているのがお分かりいただけると思う。
下は同じく花織りの南風原のもの。
絣織りと花織りが併用されている高度な技術を要する織物。

   ryukyu4

これで単衣が無理なのだ。

一昨年の夏に沖縄を訪れた時に紅型工房と花織りの工房へ伺った時の
写真をここでちょっとご紹介。
   ryukyu7

やふそ紅型工房さんは紅型の染めで表現するいろいろな物を製作していた。
洋服の生地もあればこのような暖簾↓など
紅型をほどこしたいろいろな種類の製品が作られている。
もっとも着物の小紋や名古屋帯は大作になるので製作日数がかかる。
小物は需要も多く、早く商品になるので自然とアイテムが広がるのだろう。
    ryukyu9


もう一箇所、那覇市内の花織り工房。
    ryukyu5


織っているのは花倉織という透かし織りの着物である。
首里織りの中でも首里城の王妃達が着たというこの花倉織りは
絽織りと花織りを複合させた6月下旬?夏の着物。
とても軽く上品な織物で格式も高い。
琉球の紬の一部で扱われているが実際は節のある紬糸は使われていない。
絽綴れや夏の袋帯などで披露宴に出ることも可能な格付けだ。
紬のコーナーにあるからイコール“普段着”だということではないことを
改めて認識させられる着物である。

    ryukyu6

そしてこちらは花織りの九寸帯を織っているところ。
この九寸は色無地や小紋・大島紬ほか紬着物にもコーディネートし易い。
一見刺繍のようにも見える精緻な折柄の上品な帯だ。
様々な色糸をあやとりのように扱いながら見事に織り上げていた。

沖縄はそこだけで実に様々の織物・染物がある。
澤地久枝さん著の『琉球布紀行』はそれらがわかりやすいお勧め本。
また、琉球染織の歴史も併せて知っていくとより深く理解していくことが出来る。
ファッションとしての着物やコーディネートも楽しいが
産地のこだわりやぬくもりを味わうのもかなりディープな楽しみとなることは間違いない





城間栄順さんの染帯と合せて

仕事で着る着物が今回はかなり上等なものである。
おそらく価格では今まで着た仕事用の中では最高額になるのではないだろうか・・・

役得なのだが絣の着物はやはり少し難しい。
色使いを一歩間違えるとかなり目立つ着方となってしまう。

    ryukyu2


琉球もの・・・しかも久米島紬である。
2004年に国の無形文化財に指定されている。
これは仕立が単衣なので助かった。
5月とはいえ実際には気温が高い日も多くなり、仕事で動き回るのには単衣の方が楽なのだ。
しかも泥染めなのでシックで絣があっても着易い。
贅沢を言うならばもう少し絣が小さい方がいいのだけど・・・
帯は紅型の名古屋帯。城間栄順さんの作である。
釣りが好きな城間さんは海に関するモチーフが多い。
プクプクのような魚に珊瑚は城間さんらしい得意の柄。
色もモカ茶がベースなので派手すぎずいい感じ。
お太鼓と角出しと交互に結んで仕事とは言え楽しんでいる。
久米島紬に紅型の帯は琉球モノのゴールデンコンビと言えるだろう。


もう一着が『読谷村花織』(ヨミタンザンハナオリ・・・他にも読み方があります)。 
南風原(ハエバル)花織・首里織・与那国織と花織りにも種類があるのだが
花織りは琉球王府の御用布や貴族が着用した物なので
世が世なら私なぞは袖を通すことができない布である。
今の時代でよかった
帯は使いまわしで先ほどの紅型で。

   
    ryukyu1



スッキリ、シンプルな着方を常している者としては
今回はかなり柄が多いコーディネートである。
ただ、この伝統産地工芸品に関してはそれなりの“らしい”合わせかたがあるような気がするので
素直に琉球コンビで着用している。

読谷村の花織りは生地裏に糸がダダダダーーッと渡っているので
単衣は不可。袷のみである。
南風原も糸が渡っているので同じ。
首里織りはお召のように裏糸が出ていないので単衣が可能だ。
後日生地裏の写真をUPできればご紹介したい。

そしてこれらの絣や花織りの着物には半襟を遊ぶことはあまりしない。
白や生成りの無地ですっきりと着る。
着物と帯の色や柄が既に充分楽しいので盛り込み過ぎはうるさくなりがち。
現代の色合わせを考えるなら帯締めや帯揚げだろうか。
かつては真っ赤な小物でハイ出来上がり!とされていたが
そこはひとひねりw
紅型の帯がはっきりとした主張なのでジャマをしない色を使う。
久米島の時は黒と生成りの帯締めを使用した。

可愛く着たいときはもちろん赤やカラシもいいのだが、、、
まぁ歳(とキャラ)を考えて。。。。。。(;´Д`A ```

しばらくはこの着物達との付き合いが続く。


facebook

プロフィール

宇ゐ

Author:宇ゐ
宇ゐのキモノブログへようこそ!
京都で着物スタイリスト、着付コーディネートをしています。
きものに関する出来事や気がついたことなどを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ようこそ!

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
オススメの書籍!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる