スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西陣が『NISHIJIN』として。

先週、西陣に新しい形のショールームがオープン。

以前御池創生館にあったHOSOOさんのお店がそのルーツの所在ともいえる西陣の中で
西陣織のファブリックやインテリア小物などのコンセプトショップとして提案ショールームとなっている。

金曜日に行われたオープニングのレセプションには呉服の世界とはまた違うゲストの顔ぶれ。
年齢層も若く、海外からも。
デザインやメディア関係の人も多そうだった。



まずは入口のバッグなど。


 hosoo1

そして素材を活かしたクッション。
シンプルで抑えたゴージャス感。

 hosoo2


これも西陣織のカタチ。
大きくスタイリッシュで存在感のある椅子だ。
          hosoo7


奥の工房にはこれらの広幅素材を織り出す織機が音を奏でていた。
 hosoo5


先ほどのクッションなどの生地はこれ。
内装材としての用途もあり、その可能性は広がる。
          hosoo6


同時にこのショールームで見ることができる工芸品の数々。
          hosoo9


圧巻はこのドレス。美しい。
MIHARAYASUHIRO氏デザインのもの。
          hosoo8


京都の織物が未来に向けて形を広げている実感のあるショールームとなっていた。
2Fの商談スペースではどのような取り組みがこれから話し合われていくのだろう。
守るものと、歩を進める動きと。
糸との真摯な取り組み、織り技術の革新はこれからも続く。



西陣 秋のイベント②

西陣のイベント、次に訪ねたのは平野神社の近く「わざ永々棟」で行われる、
西陣織元『枡屋高尾』さんの展示会会場。

一般の消費者にも開放されるのが10月6日(土)の『美の創造展』。

1Fは新作を含めた“※ねん金綴れ”の帯やオリジナル新作着尺。
結びやすくコーディネートするだけで上品さが増すシンプルな帯や
地紋織の高級感ある無地着尺があり、ビギナーさんにもたくさん着物をお持ちの方にも
重宝しそうなものばかりです。

2Fは織り機と、圧巻の“ねん金綴れ錦打掛け”群。(非売品)

   takao1210-2

織りの体験も少しさせていただけるようです。


takao1210-3

takao1210-4

takao1210-5


10/3~5は業者さん向け内見会で、6日が一般開放です。



※ねん(糸ヘンに念)金についてはこちらをご参照ください。

西陣 秋のイベント① 

単衣から袷の時期に以降しようという頃。

西陣で秋の本格的に織物のイベントが目白押しとなる。

まずは今日と明日(9/29・9/30)二日間で北野天満宮・上七軒近くの今河織物さん。

木屋太』という帯のブランドで有名な機屋さんだ。

新作のお披露目ほか、やはりおしゃれなきものや帯がたくさん^^

この二日間は業者さんでなく一般の方がより木屋太帯や西陣織きものを知っていただきたいと

間口を解放した形となっている。

ちらっとその様子を。

kiyata1


kiyata5


kiyata2

もう、このムード、商品群がシンプルでかっこいい!

そして帯生地を使った小物も。

男性用(?)のポシェットには帯地や着物地が使われ、レザーとのコンビ仕様。

 kiyata4 kiyata10



これは女性用。センターのあしらいアクセは手づくりの飾り。

kiyata11

このあしらい部分はもとは帯締め飾り。↓
ビーズやオニキスを使用した摩訶不思議な形。
自由に帯締めに巻きつけたりいろいろ工夫で楽しめる。

kiyata8



立派なお庭だ。樹齢100年にもなるかといわれる紅梅の古木が歴史と伝統のシンボルのよう。
毎年きちんと花がついているよう。

kiyata7


お店の解放は明日30日まで。  kiyata12

アクセスや詳細はサイトblogをご覧ください。

きもの好きが集まって・・・

KIMONO好きが集まるサイトのオフ会に参加しました。

shinraku1

美術館でのKATAGAMI展鑑賞からお昼をはさんで贅沢なプラン。
美術館近くの粟田山荘での食事。

shinraku4 

数寄屋造りの建物と広い手入れの行きとどいたお庭。
shinraku5


そしてメンバーさんのご自宅での茶話会へ。

吉田山の斜面のお宅はヒグラシが鳴く別荘のような贅沢な佇まい。
shinraku7




大文字さんも正面です。
shinraku6



みなさん素敵な夏のきものの着こなしでした。
ご一緒した友人のNさん。
麻の楊柳きものに紗の帆船柄アンティーク帯の素敵な着こなしです。

shinraku2 shinraku3


本藍染宮古上布が複数だったのにはびっくり(@_@;) 
      shinraku7

やはりアンティークだそうですがそれでもすごいなぁ。。。
上布にはあこがれがあります。。。( ゚д゚)ホスィ...


『世界の旅 衣装とくらし展』へ。

市田ひろみ先生が世界を旅して出会った衣裳のコレクションを一堂に展示されています。

世界の旅 衣装とくらし展

     w-isho10


今日はトークイベントの日ではなかったのですが、
偶然、市田ひろみ先生も会場へ来られて幸運にも解説までしてくださいました。
衣裳が日本に着く時はいぶして殺菌殺虫の後保管されるそうです。
大量にある時は消防署に連絡するとのこと。
現代も着用されている物もありますが、近代化で衣服が激変して入手不可能な衣装も多いそうです。

ひとつひとつ丁寧に鑑賞していくうちに自分もその国を旅している気分になります。
(行ったことのある国はありませんでしたが・・・)
精緻な手しごと、日本にも似た物があるデザイン、巨大な衣裳、
5㎝の細い布をわざわざはぎあわせて布にしている意味不明さ。。。
現地の人にとっては普通のことが地域も環境も違う人が見ると謎だらけです。
きっと遠い諸国の人からは日本のきものもそう見られるのでしょう。

それぞれの写真にある解説は会場の説明ポップの内容ですので
市田先生目線の文章です。

写真おっけーですよ( ´∀`)bと言っていただきました。
バシバシ撮っていたら他の方達もどんどん^^
意匠のヒント、素材のヒント、ドレープの妙、色の力を感じる展示衣裳達です。

遠くて行かれない方の為に少しご紹介いたします。

w-isho6 w-isho8

w-isho7 w-isho1

w-isho4 w-isho2

w-isho3 w-isho9



会期 5/26(土)~7/8(日)まで
開場時間 10:00~17:00(入場は16:30まで)
会場 京都市立京都堀川音楽高等学校 堀川御池ギャラリー1F2F
入場料¥500





facebookページの『宇ゐ~着物をシンプルに~』のアルバムにもUPいたしました。
登録されていない方もこちらからご覧いただけます。
facebook

プロフィール

宇ゐ

Author:宇ゐ
宇ゐのキモノブログへようこそ!
京都で着物スタイリスト、着付コーディネートをしています。
きものに関する出来事や気がついたことなどを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ようこそ!

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
オススメの書籍!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。