スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本疋田訪問着

少し前だが4月のパーティ用着物をコーディネートした。

本疋田訪問着1cs

仮絵羽で試着時点での写真なので小物はナシ。
総疋田(絹糸でくくった疋田絞りが全面に)のちょっとスゴい着物。
仕立上がって柄がきっちりと合って来るとその迫力はさらに増した。

絞りの着物はきもののパワーが強くてコーディネートが難しいが、黒地に柳と白鷺の刺繍柄袋帯で。
帯が腹と太鼓の柄で黒の無地場がある為、総疋田のパワフルな加工+柄と喧嘩せずに納まる。
帯揚げはグリーン系縮緬無地で
帯締めはパールを贅沢にあしらってある太めの若草色。(小物写真撮り忘れ( ┰_┰) )
その帯締めは実は振袖用。

祇園や新地のママさん達が揃う席だったので
友禅や刺繍、モノトーンものを避けての選択だった。
これなら似たような着物でかぶってしまう心配は皆無である。


特筆すべきはやはりこの疋田鹿の子。
拡大写真↓
hitta-L.jpg
粒の立ちがきりっとしていて見事に揃っている。
大胆な柄もこの鹿の子の頭の粒が小さい為にメリハリがきいて引き立つ。
藤井絞さんの渾身の一着。

『もう一回着ようかな』との発言があり、かなり気に入った様子。
1シーズンに同じ着物を2回着ることは稀なのでほっと一安心。

蒔糊友禅作家さんの個展へ

先日、蒔糊友禅作家『陣内久紹』さんの個展へ伺ってきた。

       2f1cd4e4-ss.jpg



まず“蒔糊(まきのり)”とは。

以下、陣内久紹(じんのうちひさつぐ)さんのサイトより引用。

------------------------------
『蒔糊は米粉や糠(ぬか)に亜鉛松やリン酸を加え、こねたり、蒸したりした後、
板に薄く練りつけ、天日で乾かわかし作ります。
それを細かく砕いて何種類かの大きさの蒔糊の粒にします。
          
その粒を、濡れた生地の上に手でふっていきます。
蒔糊が乾いた後、全体の量を見ながら、塊をピンセットで弾いて整えていきます。
   ↓   ↓   ↓
整えて全体に均一に(デザインによっては、ぼかしたり、模様にしたりしますが)なったところで、
下から水を含んだ刷毛でぬらし、上から霧を噴きかけたりして、生地に蒔糊を定着させます。
   ↓   ↓   ↓
それから、染料の発色をよくするために、
豆汁(水でふやかした大豆をすりこぎで潰して水に溶かし、濾したもの)を蒔糊の上から刷毛で引いていきます。
   ↓   ↓   ↓
それが乾いた後、地色を染めていきます。
そうすると、蒔糊の部分が染まらずに白い蒔糊の形が残り、白い粒粒が現れます。』

------------------------------

つまり、パリパリと細かく砕いた糊を“指でつまんで生地の上に蒔いて”模様を表現しているのだ。
訪問着なら肩・裾模様などのバックや柄の表現となり、無地感覚の小紋に至っては一反の生地全体へ
均一に、密度の過不足なく蒔いて行く。(暈しの場合は繊細にグラデーションを構成するよう蒔く)
間隔のつまった箇所はピンセットでつまんで蒔かれた糊を取り除くという作業も。

そこまで細かい作業で出ている柄だとはなかなか想像しにくいが
遠目には無地に見えるような全体的な点描模様も、
機械は使わず手で蒔いている。
   temakinori.jpg

   makinori2.jpg



京友禅の人間国宝、故森口華弘氏はその蒔糊友禅の第一人者だった。
その森口華弘氏へ陣内久紹氏は師事していた。
個展は小野郷にある茅葺のギャラリー(日下部邸)にて。

IMG_3156.jpg

IMG_3153.jpg

        IMG_3152c.jpg

ギャラリーにて陣内先生の奥様(やはり染織家さん)が説明をしてくださる。

IMG_3146.jpg

同行した陶芸家のYSさんも最近着物でのお出かけも増え、熱心に説明を聞き^^

奥様が着用されていたのは無地感覚の蒔糊友禅裾ぼかし。帯も蒔糊友禅染め帯。
淡いグレー地に極小の粒が上品だ(粒が遠目には無地に見えるほど細かい)。
 IMG_3150.jpg IMG_3150c2.jpg


蒔糊友禅は技術保持者が少ないことと、手間が半端ではないことから
市場にはたくさん出回っていないのが現状。

よく似た点描柄着尺や訪問着はあるが
多いのは型紙によるもの。もしくは蝋たたき染めだろう。
蝋たたき染は刷毛に蝋を含ませて生地に叩きつけて防染し、梨子地蒔絵(なしじまきえ)のようにする染色法。
その違いはやはり“粒”を見ると明らかである。

蒔糊は割って細かくするために一粒一粒に“角”がある。
柄表現を美しくするために同じ粒の大きさごと管理していて、
いろいろなサイズの粒を使い分け、
蒔糊で防染し、染料で染める。胡粉(白顔料)で染めることもある。

 IMG_3151.jpg gohun1s.jpg

右の写真は薊の花や葉の周囲の白い部分が防染後の胡粉(白染料)染め・・・!!!
全体では↓このように柔らかで深みのある印象になる。

      gohun2s.jpg

   


陣内久紹氏の友禅染着物はどれも魂のこもった素晴らしいものだった。
自然界のさまざまな感動を意匠に込めて蒔糊と手描き友禅で表現している。
作家さんというよりも職人さんのような素朴でおだやかなお人柄と根気の要る作業、そしてものづくりへの情熱。

技術を習得するのはたいへんだったことだろう。
でも後世に残して行かなくてはいけない染色技法である。
出来上がったものは日本のホンモノが持つ深いパワーがこもっている。



(※記事UP後に陣内さんよりご指導いただき一部訂正いたしました。)
facebook

プロフィール

宇ゐ

Author:宇ゐ
宇ゐのキモノブログへようこそ!
京都で着物スタイリスト、着付コーディネートをしています。
きものに関する出来事や気がついたことなどを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ようこそ!

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
オススメの書籍!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。