スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なれゐて探究会~紋紗・夏着物~ 風景

一昨日の土曜日は
【なれゐて探究会~紋紗・夏着物~】の集まりでした。

雨が時折強く降る日でしたが、ご参加の方々、遠方からもお越しいただきました。
講師は織座くれはとりの大江史郎氏。

会場は京都三条衣棚上ルの『ちおん舎』さん
素敵なしつらいと雨に濡れて深い緑が美しいお庭の素敵な会場でした。

monsya1

monsya3 monsya5




monsya2


大江さんに紋紗(紗織)についての定義や他の捩り織の種類・組織の違い、
歴史やルーツ・現在の紋紗についてなどなど、詳しく説明していただきました。

monsya8


monsya9 monsya7


monsya10 monsya12

                 monsya11


糸に触っていただくのはきものや帯の“元”を知るいい機会だと思います。
丁寧に作られていること、緻密な作業によってできる
美しいきものであることなども含めて理解と納得の素材。



最後にきものや帯を実際に試着してその軽さや肌触りなども体感していただきました。
今回、紋紗というやや専門的(?)な素材の探究会でしたが
ここから夏のきものへの理解や着てみたいという意欲へ繋がっていくと嬉しいです。






さて次回は何を探究しましょうか^^




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

facebook

プロフィール

宇ゐ

Author:宇ゐ
宇ゐのキモノブログへようこそ!
京都で着物スタイリスト、着付コーディネートをしています。
きものに関する出来事や気がついたことなどを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ようこそ!

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
オススメの書籍!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。