スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五角形畳み

gokakukei


着付けの講習でこのヒモだたみをお教えすることがあります。
着終わって片付ける時にちょっとの手間ですが
腰ヒモをこの形にたたんでおくと次に使うときに
幅広“だった”ハズの腰紐が細い紐になってしまうことを予防できます。
こうしておくと、締めた時に身体が楽なのは当然ですが
幅広で使うことで摩擦が大きくなり生地にしっかりくいついて着崩れを少なくすることができるのです。ですから、『さぁ片付けよう!』という時に紐をくくってしまわないように
この畳み方を教えてあげるのです。


ある祇園の若いママの家で着付けをしてる時の話。
数日前に紐を五角形にたたんでおくと次に着る時ずれないし身体が楽よ?。
といっておきました。
その次に着付けに行くとなんと紐が五角形になってるのですw(*゚o゚*)w
(確か、このママは五角形畳みできなかったはず・・・)
どうしてなんだろうと訊ねると
なんと!“彼”がやってくれているとのこと!
ママは仕事で大量のお酒を飲み、ふらふらした状態で帰宅するので
脱ぎ散らかした着物を衣文掛けにかけ、帯を畳み、紐を五角形にする・・・この行為を全て彼がやってくれるらしいのです。
(-_-;ウーンおそるべし・・・愛の力w
最初はゆるゆるにしかたためてなかった腰紐も
今ではきっちり結びシワがなくなるほどきれいにたたんでくれています。

ところが数日前私は二人の喧嘩状態を察知できましたw
つまりきものを掛けるところまではしてあったのですが
紐がたたんでなかったのです(;´Д`A ```
『先生鋭いねぇ・・・』とママに言われましたが
わかるっちゅーのw

ちなみに今日はきちんと腰紐がたたんで置かれていました
めでたしめでたしw

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

ミクシィからやってきました。
時々読ませていただいています。

腰紐の畳み具合で、喧嘩状態が察しできるって、楽しいですね。

ちょうど私もお教室で畳み方を教えてもらったばかりです。

袴の紐の畳み方といい
考えた人すごい!といつも感心してしまいます。

ようこそです!

masumiさん mixiからようこそ!
きもののたたみ方もそうですが
日本のファッションは“たたむ”文化だそうです。
たたむことで平たくなったりコンパクトになったりして後世まで残せるんですね。
狭い部屋でも50枚のきものはしまえますが、
50着のスーツは収納不可能です^^;
facebook

プロフィール

宇ゐ

Author:宇ゐ
宇ゐのキモノブログへようこそ!
京都で着物スタイリスト、着付コーディネートをしています。
きものに関する出来事や気がついたことなどを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ようこそ!

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
オススメの書籍!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。