スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出の帯を・・・

京都で着物の仕事を始めてから実家へ帰ると決まって頼まれることがあった。

和ダンスの整理。。。(;´▽`A``

小紋や附下げ・ウールの着物や祖母や母のきものなどなど
箪笥を占拠していた日の目を見ないきものが
虫干しなどをおっくうがっていた母には気になっていたようである。

毎年のようにあっちこっちへ整理しているうちに
実家にあることの意味が希薄であることに気づき、
一昨年とうとうおおかたを京都へ送ってしまった。

仮に母が着ることがあっても私が準備して送ればよいので
喪服などの急を要するもの以外は京都でじっくり“料理する”つもりである。

以前に父のきものをリフォームして自分のものにしてしまった件はここでUPしているが
第二弾、母の帯。

 hahaobi2 hahaobi1


約50数年前に使ったという結婚時に作った帯らしい。
私が生まれる前の思い出の帯とのこと。
ただ、今の自分が巻くのにはやや派手過ぎ(^_^;)
あちこちにシミもあったが、色柄や織組織は何とも言えない古い感じがなかなか良かったので
額装にしてしまった。

寺町通りの額屋さんへ帯生地を持ち込んでフレームや周囲の色を選ぶ。
周囲の押さえ紙の厚さが3?4ミリあるのだがそのマチ部分は帯に合わせて金色を使ってもらった。
フレームや押さえ紙の色選びは額屋さんのお兄さんが親切に手伝ってくれて
出来上がりは満足( ̄ー ̄)v

今月は母の誕生日があるので今年のプレゼントはこれに決まり。

帯生地がまだ残っているので自分用に小さい額も作ってみようと思う。
ほかにも仕立て残布などがいろいろあるので
アートフレーム作りがマイブームとなる予感である。



コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして☆

SNS「シンプルな・・・」から来ました。
帯揚げのご説明通りにやってみたら、ずーっと悩んでいたのに初めてキレイに♪
最後に締めるものなので、キレイに決まったら達成感がぜんぜん違いました!!
どうもありがとうございました。
まだまだ初心者ですが、これからの人生を着物と長く付き合っていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

スミマセン!自分のことばかり書いちゃいました。
すてきな豪華な帯ですねーー。額装にされてお母さまもきっと喜ばれることでしょうね☆
私の友人も家族から譲り受けて、でも自分には合わない帯などにハサミをジョキジョキ入れてしまう人で(私は着物にとてもハサミを入れる勇気はないのです・・・汗)、ランチョンマットを作ってプレゼントしてくれたのを思い出しました。
もったいなくて・・・大切にしまってあります(笑)。

はじめまして

十二単で検索していて辿り着きました
そっかぁ
あの暖簾みたいなのは
裳 
って言うんですねえ・・・
参考になりました

>jajaさん お返事遅くなりました。
帯揚げの処理がうまくできるようになられてよかったです。
帯揚げの見せ方は最後に着付をすっきりと決める要素もあるので
結び目がだんごのようになって身体に食い込まないよう
すっきり決めてくださいね。


>まさおさん 十二単、参考となっていただけましたか^^ よかったです。
また豆知識のようなものを見つけましたらUPしたいと思います。
facebook

プロフィール

宇ゐ

Author:宇ゐ
宇ゐのキモノブログへようこそ!
京都で着物スタイリスト、着付コーディネートをしています。
きものに関する出来事や気がついたことなどを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ようこそ!

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
オススメの書籍!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。