スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半衿いろいろ

秋の衣替えとなった。
朝晩はもちろん、今日の京都は冷たい雨が降って重ね着をしなくては日中も寒い。

目下、恒例の半衿の付け替え作業の真っ最中である。
今やいろいろな半衿があり、椅子に座って接客のお仕事をされる着付のお客様たちは
これらのこだわりも大事な要素となっている。
前年と同じ着物をきるのでも、“気分”や“マイブーム”で衿を変えていくことは多い。

はずす半衿やこれから縫い付ける半衿などをいくつかご紹介。

まずは白系半衿から。

       haneri5

  左から、白地に白い楓刺繍・白地にシルバーのビーズ刺繍・そして白の組み半衿。
 ビーズ刺繍と組みの半衿はあまり一般的には少ない素材。
 薄いグレーや紫系、白地の訪問着などに敢えて使ったりする。
 楓の刺繍は本加賀や刺繍の訪問着など格の高いきものに。
 組みの半衿は素材感が楽しく、紬などにも。  宇ゐもよく使う。


       haneri4
  
  この青みがかった紫は帯の色を意識している。
 モノトーン系着物に重宝。刺繍に色を使ってないので意外とうるさくない。
 地色の青紫は着たときにはあまり目立たず白の刺繍が引き立つので結構明るい印象。
 桜の刺繍なのでお正月からがいいかな。でも基本的には古典文様なので秋でも可。
 半衿選びは刺繍が多い時には生地色があまり立たないので
 地色半分を手で隠して衿に見える部分で判断することが大事


       haneri1

  ↑黒地にいぶし銀色のビーズ半衿と笹の刺繍半衿。
 銀ビーズは薄い色のきものにも合うが、笹の方はきものの色ももちろんだが柄のイメージも
 やや限定される。 優しい柄のきものには少しシャープすぎるかな。


       haneri6

  ↑ビーズ半衿二種。 白糸にパールビーズとグレーに同色のビーズ編み。
 ビーズ半衿は夏も冬も、縮緬にも御召にも紬にも使える便利なもの。
 襦袢を着る時に冬はひんやりするが夏は気持ちイイ。衿汚れも付きにくく
 “おしゃれしている”感たっぷりとなる。 やや衿が重たくなるのと、
 きものの素材によってはビーズで衿が滑る場合もあるので着崩れを直す配慮は必要


       haneri8

  ↑『青土』さんの“特上麻”という手織り麻素材の半衿(宇ゐの仕事着の二部式襦袢につけている)
  実は『青土』さんに四角い端切れをいただいて真ん中を接いで半衿にしてしまったもの。
  透けないのでこれからも紬きものにも使おうと思っている。


 haneri2 haneri7

  ↑来年の夏用につける予定の絽の小紋端切れ。(自分用w)
 たっぷりあるので接ぐ必要はなさそうである。 し...しかし




 この半衿に合う夏きものはまだない... ミ(ノ_ _)ノ=3 ッ!

 

コメントの投稿

非公開コメント

あ、、、

絽の小紋端切れ の半襟。。。。
それに合いそうな着物仕立てる予定。。。
だったりします。

とんぼxとんぼ になっちゃうのと、色が合うかどうかは微妙やってみないとわからなそうですが。いいなぁ。。

半襟で遊びたいけど探し方がいまいちわからないです。

大神さん もし男性が半衿で遊びたい場合は手っ取り早いのが
『古着屋さん』ですよv-219
半衿として探さずに、ハギレを数枚セットにして販売しているのを使います。
紬ハギレでもいいですし、ちりめんの無地や小紋ハギレなんかもあります。
それを10センチ×80センチ前後の長方形の布にしてしまってザクザクとぬいつけたらOKです。
女性だとうしろ衿を抜くのでもう少し長さが要りますが男性はこれで大丈夫^^v
もし正方形のようなハギレでしたら真ん中でつないでも問題ナシですヨv-221

半襟にて

素敵な、襟ですね!
私は着付師です、少し。教えて下さい、ビーズの襟ですが、下の二枚は編んでるみたいですが!?、他のは自分の作品ですか?
ビーズ刺繍で素敵で、私も手掛けてみようと思ってます。ビーズは丸小かデリカビーズ位の大きさかしら、とても興味があります。それに、襟に対して全体に刺して無い様にも見えます。
ビーズで、帯揚げを作りました、なかなかの出来で満足!口コミで販売もさせて頂きました(笑
)
facebook

プロフィール

宇ゐ

Author:宇ゐ
宇ゐのキモノブログへようこそ!
京都で着物スタイリスト、着付コーディネートをしています。
きものに関する出来事や気がついたことなどを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ようこそ!

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
オススメの書籍!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。