スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花織みんさ

沖縄の石垣島で織物の工房を訪ねた。
その第一弾。

           mineya3


『花織みんさ』は“みんさー織”の“いつ世柄”を花織の技法で浮き織にしているもの。
みんさーとは五つの枡と四つの枡柄を織り込んだ木綿の細帯のことで
普通目にする半幅帯よりもだいぶ細い帯。
五ツと四ツは“いつの世(五つの四)までも末永く”という願いがこめてある。
綿狭織(めんさおり)が語源ではないかとのこと。

    五ツと四ツの柄 →minsa1
 
訪ねた『みね屋工房』さんは石垣島の西側に大きな工芸館を持つ会社で
機織風景も見ることが出来る。
八重山上布やみんさー帯、花織みんさの帯のほか、花織みんさをあしらった服飾や小物も販売している。
運良くみね屋工房の女性社長さんにお話を伺うことができた。
現状はやはり民芸品として小物や衣類の販売量が勝っているとのことだが
やはりきものや帯はこれからもっと作って継承して行きたいとのこと。


     mineya4

石垣市街地内の大川という場所にあるショップ。
           minsa4

mineya1 mineya2

沖縄にはいわゆる“機械織”というものはない。
染料は堅牢度(けんろうど)といって色の耐久性から化学染料が使われることがあるが
織りについては昔も今も人の手によるものだ。
このみんさーも花織みんさも八重山上布も糸を染めてから織られる“先染め”である。
素材は木綿・絹・木綿と絹や苧麻、芭蕉の混紡(ぐんぼう)・そして麻(苧麻)。

今回いただいたのが木綿の八寸帯とやや幅広(17cm幅)の半幅帯。
木綿とは思えないような糸艶のいい帯だ。

    minsa2

この半幅帯は浴衣はもちろん、夏のきものにも使えそう。(実際にもう巻いてしまっているw)
八寸帯は色からしてもやはり単衣?袷。

みんさー、または花織みんさの半幅帯はゆかたにはほんとに合わせやすい。
巻き心地もいいしゆるみもないのでもっと全国的に普及してもいいような気がする。
色のバリエーションも工房では豊富なのだが
“内地”の店頭にはあまりそろってないのが現状。
希望を言うなら、どうしても色が原色に近いものが多いので
もっと中間色やデザイン的に面白いものがあってもいいような気がする。

祇園のママが祇園祭の宵山で着る竺仙の藍染の白地浴衣用に
花織みんさの藍色の半幅帯を購入して帰った。
これはとても良く合ってきれいだった

工房へはまた近いうちにぜひ伺いたい。

社長さんも社員のみなさまもとても親切にしてくださり
ありがとうございました<(_ _)>

     

コメントの投稿

非公開コメント

花織みんさの半幅帯いいですね。。。
欲しいなぁ。。。
八重山の着物にはぴったりですよね~。

わらとさんはいろんなすてきなお着物を持っていらっしゃいますよねー^^
たまに半幅帯でいかがでしょう。動きやすくてお勧めですよv-221
夏場は背中も涼しいです!
facebook

プロフィール

宇ゐ

Author:宇ゐ
宇ゐのキモノブログへようこそ!
京都で着物スタイリスト、着付コーディネートをしています。
きものに関する出来事や気がついたことなどを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ようこそ!

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
オススメの書籍!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。