スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胴抜き仕立

着物の仕立は袷と単衣が主だが、他にもいろいろある。
その中の一つとして、『胴抜き仕立』というものがあるので
ここでご紹介。
dohnuki2

すすきの柄の染紬なのだが、単衣では9月いっぱいしか着ることが出来ない為
“胴抜き仕立”になっていて10月にも着られるように出来ている。
表の地色が薄い芥子色なので八掛もその“共薄(ともうす)”の淡いクリーム色。
八掛の上部の白い生地が胴裏の生地なのだがウエストの少し上あたりまでしか付けていない。

dohnuki3


その胴裏のついていない部分は単衣となっていて、背縫いは“背伏せ”といってバイアスで背縫いが包んで縫われている。

つまり一見袷のようだが実は上半身と袖は単衣なので軽く、
気温がまだ低くない9月の時期でも無理なく着られるというスグレ物だ。

この胴抜き仕立は胴裏生地から八掛まで下への重さがあるために
なるべく表生地がしっかりしたものに適しているとされている。
縮緬生地は薄くない物。他は紬地や御召しなど。

特に御召しは生地の打ち込みがしっかりしているため
すっかり袷仕立にすると上半身がもたつく場合があるので
この“胴抜き仕立”が適している場合が多いのではと思う。

ちなみにこの着物の持ち主はとても暑がりサンなので
胴抜き仕立の着心地はとても気に入られている。

胴抜き仕立にはこのちょっとの幅の胴裏生地を足さずに
八掛を表地へ裏からじかに縫い付けたり、袖を袷にするケースも見たことがある。
ただ、こうやって少し手間をかけたものの方が当然八掛の安定感は増す。

昔の御召しはとくに地厚の場合が多いので
もし譲られた着物の中に御召しがあったら、洗い張りの後の再仕立に
この胴抜きを採用されるといいかもしれない。

難点は胴裏生地を中途半端に使ってしまうので
“1匹”(3反分の量)※で買っている胴裏を使うとあとの残り生地がしっかり
反数分取れなくなるのだ(;´Д`A ```
この胴抜き仕立に使う胴裏の用尺は不勉強のために定かではないが・・・(゚_゚i)
袷仕立二反分と胴抜きの部分取りでけっこう余るようになるはずである。
1匹を買って一反でも胴抜きを入れようと考えたなら袷仕立用は二反しか取れなくなる。
胴抜きの際に袖を単衣にするか、袷にするかでも胴裏生地の残り分が違ってくるのでそのあたりは仕立をお願いする方とよく相談した方が確実だ。

※補足: 胴裏は袷仕立を頼む際に一着分の料金を払うのが通常だが
     三反の袷仕立が出来る分(=1匹と言う)をまとめ買いすると少し安くなる。

     私もいつも仕立てをお願いしているところへ胴裏一匹を購入して
     ボトルキープならぬ“胴裏キープ”をしているv(。・・。)♪




コメントの投稿

非公開コメント

facebook

プロフィール

宇ゐ

Author:宇ゐ
宇ゐのキモノブログへようこそ!
京都で着物スタイリスト、着付コーディネートをしています。
きものに関する出来事や気がついたことなどを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ようこそ!

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
オススメの書籍!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。