百日紅で草木染め②(全2回)

さていよいよ百日紅を煮出して染液を作る工程。
葉や枝を取り除いて染液のみに。
水につけておいたストール生地をよく絞って、いよいよ染液のお風呂へどぼん。
IMG_2313.jpg  IMG_2316.jpg 

IMG_2317.jpg  IMG_2318.jpg

IMG_2321.jpg  IMG_2319.jpg

染着き具合を確認しながら好みの色にまで液の中でシャバシャバとムラが出ないよう染める。
そして次は媒染液の準備。灰汁はphを確認。別の入れ物に鉄媒染液の薄めと濃い目を用意。
IMG_2322.jpg IMG_2323.jpg 

媒染液に浸けての色変化を楽しみにしつつ
最後にもう一度百日紅染液へ投入。
IMG_2327.jpg  IMG_2328.jpg 
↑これは灰汁媒染でベージュ色に

IMG_2334.jpg  IMG_2329.jpg
↑鉄媒染でグレーに。さばいてオゾンに触れさせて染液を馴染ませるのも大事。

IMG_2336.jpg 
濃度の高い鉄媒染できれいな墨色に。

IMG_2339.jpg IMG_2341.jpg 
同じ百日紅染液でベージュ色と薄墨色と濃い墨色の3色が染上がった。
流水できれいに洗って染めの工程は終了~。
しかし媒染の力ってすごい。。。

梅雨の合間の貴重な晴れの日。
そよぐ初夏の風にストールが気持ちよさそうに揺れる。
IMG_2351.jpg 

そしてアイロンで生地目を整えて
高級(?)ストールの完成!!

IMG_2354.jpg 

このストール生地は麻と絹が半分ずつなのでくしゃくしゃと巻いてもきっとおしゃれだと思う。
草木染めは堅牢度(ケンロウド=染め色の丈夫さ)が低い。
でも褪せたとしても草木染めならではのひねた味のある色になる場合もある。
手染めはたいへんな作業だが愛着が深まることは確かである。
剪定した枝葉もこういう形でその息吹を布に移して纏えるようになるということに
感動すらおぼえるいい一日となった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

facebook

プロフィール

宇ゐ

Author:宇ゐ
宇ゐのキモノブログへようこそ!
京都で着物スタイリスト、着付コーディネートをしています。
きものに関する出来事や気がついたことなどを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ようこそ!

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
オススメの書籍!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる