疋田訪問着

少し前だが4月のパーティ用着物をコーディネートした。
   本疋田訪問着1cs


  ↑仮絵羽で試着時点での写真なので小物はナシ。

 総疋田(絹糸でくくった疋田絞りが全面に)のちょっとスゴい着物。
仕立上がって柄がきっちりと合って来るとその迫力はさらに増した。

絞りの着物はきもののパワーが強くてコーディネートが難しいが、黒地に柳と白鷺の刺繍柄袋帯で。
帯が腹と太鼓の柄で黒の無地場がある為、総疋田のパワフルな加工+柄と喧嘩せずに納まる。
帯揚げはグリーン系縮緬無地で
帯締めはパールを贅沢にあしらってある太めの若草色。(小物写真撮り忘れ( ┰_┰) )
その帯締めは実は振袖用。

祇園や新地のママさん達が揃う席だったので
友禅や刺繍、モノトーンものを避けての選択だった。
これなら似たような着物でかぶってしまう心配は皆無である。


特筆すべきはやはりこの疋田鹿の子。
拡大写真↓
hitta-L.jpg

粒の立ちがきりっとしていて見事に揃っている。

大胆な柄もこの鹿の子の頭の粒が小さい為にメリハリがきいて引き立つ。
藤井絞さん製。


『もう一回着ようかな』との発言があり、かなり気に入った様子。

1シーズンに同じ着物を2回着ることは稀なのでほっと一安心。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

facebook

プロフィール

宇ゐ

Author:宇ゐ
宇ゐのキモノブログへようこそ!
京都で着物スタイリスト、着付コーディネートをしています。
きものに関する出来事や気がついたことなどを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ようこそ!

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
オススメの書籍!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる