七夕を深く…

先週土曜日(8月18日)京都岡崎にある旅館「源鳳院(げんほういん)」さんでの講演イベント。
備忘録も兼ねての久々のUP。
IMG_4850.jpg 
源鳳院さんの築100年記念での興味深い講演がこれから毎月目白押し。

第一回目のこの日のテーマは“日本の七夕”
新暦の8月17日が旧暦では七夕の日となり、その翌日での開催だった。
床の間には七夕の花とされる“センノウゲ(センノウケorセンノウ)”の鉢がそっと添えられていた。
脇の短冊は長艸刺繍さんの手による、描いた物のように見える七夕にちなんだ縫い絵短冊
sennou-c.jpg 
センノウゲの花のについてはここを参照してほしい。
かつて京都の嵯峨野にあった仙翁寺の名前がついたナデシコ科の山野草だ。

まずはこのテーマをなぜキモノブログに投稿するか。
そもそも“七夕”はモチロン“たなばた”と読むが“語源は“棚機”。
機を織るあるいは和裁をする女性達がその上達を祈願して
ごちそうや糸や糸を通した針、糸に模した物などをお供えし、
さらにとことん“七”にこだわっての和歌を詠んだり数を合わせたりする。
江戸時代には織や縫いの手習いごとや和歌の上達などの願掛けとしての行事として続いていく。
つまりキモノには深く関わりのある行事なのだ。
会場に掛けてあった「捧二星七篇和歌」のお軸は
上冷泉家20代当主冷泉為理(れいぜいためただ)の手による定家様書体。
IMG_4848.jpg 

そして機織り娘(織姫)と牽牛(彦星)の年に一度の逢瀬の伝説でもある。
なぜ年に一度の逢瀬となったかはWikipediaには
 六朝・梁代の殷芸(いんうん)が著した『小説』には、
「天の河の東に織女有り、天帝の女なり。
 年々に機を動かす労役につき、雲錦の天衣を織り、容貌を整える暇なし。
 天帝その独居を憐れみて、河西の牽牛郎に嫁すことを許す。
 嫁してのち機織りを廃すれば、天帝怒りて、河東に帰る命をくだし、一年一度会うことを許す」
とある。
また、時計が日本に来たことで、月を眺めて時刻を知るかつての風情は薄らいだ。
旧暦で月の1日はお月さまの満ち欠けで新月、15日が満月。
7日は半月である。
その半月は舟の形であり、その舟に乗ってこの二つの星が出逢うともいう
なんともロマンチックな話。
旧暦では立秋以降ということになり、古来の七夕は秋の季語となる。
しかも雨の多い梅雨ではなく、この時期特有のからりとした空気の夜空に輝く半月や
星々のきれいな初秋の行事なのだ。
旧暦で七夕祭りをすれば短冊や書いた字がが雨によれることもない。。。
IMG_4846.jpg 

Wikiによると
国立天文台では2001年から、
『新暦7月7日はたいてい梅雨のさなかでなかなか星も見られない」という理由で、
旧暦7月7日を「伝統的七夕」と呼び、その日の新暦での日付を広く報じている。』
とある。

古くは万葉集に出てくる七夕は牽牛農夫と織姫(織女=しょくじょ)機織り娘の二星(ふたり)の逢瀬を祝う内容だけでなく、行事としての描写やその内容がわかる和歌も多い。
◆『古今和歌集』凡河内 躬恒(おおしこうちのみつね)
  たなばたに貸しつる糸のうちはへて 年のを長く恋ひやわたらむ
 (七夕に供えた糸のように長い年月で恋しく想うのだろうか)
◆『新古今和歌集』藤原俊成
  たなばたのと渡る舟の梶の葉に いく秋書きつ露の玉章(たまづさ)
 (七夕の水門=と(門)を渡る舟の梶=楫=舵の葉に もう長い年月恋文を書いたことでしょう)
 ※梶が舟の舵に掛けてある 梶の木の葉は文字が書けるほどの大きさ
 ※梶の木は古代から神に捧げるご神木として尊ばれ、神社にはよく植えられていた
   京都では蹴鞠で知られる「白峯神社」に御神木としてみられる
◆『拾遺愚草』藤原定家  乞巧奠(きっこうてん)
 秋ごとに絶えぬ星逢うひの小夜ふけて 光並ぶる庭のともし火
 ※乞巧奠とは、たくみ(巧み(匠))を乞うて(待って)奠(祭る)行事の意味

この『乞巧奠』は平安時代に行われていた七夕の行事で
冷泉家(藤原道長、俊成、定家の流れを引いている公家の家)が現在も
毎年旧暦の七夕の日に行っていて、お供え物、蹴鞠や和歌詠みなど伝統のスタイルを今に伝える。
この時期の裏千家のお手前に葉蓋のお点前というものもあり
水指しの蓋に梶の葉やそれに似た葉が使われたり、梶の葉の絵のついた茶碗をつかったり。

装束も女性は袿袴(夏の袿=うちき・袴姿)・男性は束帯の衣装と
その姿かたちも時代を経て少し形が変わりながらも受け継がれている。

会場となった源鳳院さんは伝統装束着装の山科流を継ぐ山科家の別邸だった処。
室町期・山科家日記にも七夕(乞巧奠)の儀式に関する記述がある。
この美しいお庭の一角にも七夕のお供えがされて行事が行われていたのかもしれない。
IMG_4851.jpg 

さて、何度か出てきた「梶の木」。
七夕行事に奉納される蹴鞠の初めには梶の木にその鞠を掛けて中庭に持ち込む。
IMG_4849.jpg 
梶の木はその樹皮から繊維をとり、布にもなったそうである。
クワ科コウゾ属で、葉は飼料、幹は和紙の原料になる。
古来より神事や生活に深くかかわる植物であったのだ。
きものの伝統文様にも、家紋にも『梶の葉文』あるいは『梶葉文』『梶文』は出てくる。
下の写真がその梶の葉。これだけ大きいと器になったり和歌を書きこんだりもできる。
IMG_4852.jpg 

さて次回の源鳳院さんのイベントはこの梶の木に捧げ持たれて来る蹴鞠と
御能のお話しがあるそうだ。
こちらも楽しみだ。




珍しくトークイベントでした。

18892902_1452650761461593_2176880549529173410_n-s.jpg 

少し前(2017年6月)の仕事でUPが遅くなりました。
梅田阪急百貨店でのplaykimonoでのトークです。
急きょ参加することになりました。

百日紅で草木染め②(全2回)

さていよいよ百日紅を煮出して染液を作る工程。
葉や枝を取り除いて染液のみに。
水につけておいたストール生地をよく絞って、いよいよ染液のお風呂へどぼん。
IMG_2313.jpg  IMG_2316.jpg 

IMG_2317.jpg  IMG_2318.jpg

IMG_2321.jpg  IMG_2319.jpg

染着き具合を確認しながら好みの色にまで液の中でシャバシャバとムラが出ないよう染める。
そして次は媒染液の準備。灰汁はphを確認。別の入れ物に鉄媒染液の薄めと濃い目を用意。
IMG_2322.jpg IMG_2323.jpg 

媒染液に浸けての色変化を楽しみにしつつ
最後にもう一度百日紅染液へ投入。
IMG_2327.jpg  IMG_2328.jpg 
↑これは灰汁媒染でベージュ色に

IMG_2334.jpg  IMG_2329.jpg
↑鉄媒染でグレーに。さばいてオゾンに触れさせて染液を馴染ませるのも大事。

IMG_2336.jpg 
濃度の高い鉄媒染できれいな墨色に。

IMG_2339.jpg IMG_2341.jpg 
同じ百日紅染液でベージュ色と薄墨色と濃い墨色の3色が染上がった。
流水できれいに洗って染めの工程は終了~。
しかし媒染の力ってすごい。。。

梅雨の合間の貴重な晴れの日。
そよぐ初夏の風にストールが気持ちよさそうに揺れる。
IMG_2351.jpg 

そしてアイロンで生地目を整えて
高級(?)ストールの完成!!

IMG_2354.jpg 

このストール生地は麻と絹が半分ずつなのでくしゃくしゃと巻いてもきっとおしゃれだと思う。
草木染めは堅牢度(ケンロウド=染め色の丈夫さ)が低い。
でも褪せたとしても草木染めならではのひねた味のある色になる場合もある。
手染めはたいへんな作業だが愛着が深まることは確かである。
剪定した枝葉もこういう形でその息吹を布に移して纏えるようになるということに
感動すらおぼえるいい一日となった。

百日紅で草木染め①(全2回)

地元京北にての染色体験日。
夏の間三ヶ月近くにわたり咲く「百日紅」。開花前の葉と枝を煮出して染液を作って
麻と絹を織り分けられているストールに浸染をした。
教えていただくのは染・織陣内(ソメオリジンノウチ)の陣内章代さん

百日紅について少し調べたので備忘録として、、。
“ひゃくじつこう”、そして“さるすべり”と読む。
sarusuberi.jpg  sarusuberi-siro.jpg 
どちらもサルスベリだが左は“百日紅”、右が“百日白(ヒャクジツハク)”。
暑い時期に文字通り100日間ほど花がつく「ミソハギ科」の中高木(灌木-カンボク-)。
江戸中期に編纂された「和漢三才図会(ワカンサンサイズエ)」に“百日紅(ヒャクジツコウ)”記述も。
和漢三才図会86 
(右ページの左下隅)
ミソハギ科の親戚のような種類にオオバナサルスベリという木があり
そっちはバナバ茶という健康茶の原料。
百日紅染液に布を泳がせている際に漢方茶っぽい香りがしたので
日本のあちこちにあるサルスベリももしかしたら葉を煎じて飲むと同じような薬効はあるかもしれないが、直接的な記述は見つからず。保証できません(笑)

少し脱線するが、ミソハギは「禊萩」と書くのでやはり調べると
・溝に咲く萩のような花から転じた名
・花が禊の祓に使いやすい形から禊に使われた
などあり、夏の花の少ない時期に咲くので
お盆時期に供えたり祓ったりするお花として一般的な様子。

ミソハギ 
↑ミソハギ
サルスベリは囲碁の用語にも出て来る(ここでは関係ないがw)。
そして高浜虚子の随筆“百日紅”
『炎天の 地上 花あり 百日紅』の句。

猛暑の夏に美しい花をつけ続ける百日紅。
その枝や葉にもさぞかし強いエネルギーはあるのだろう。
花をつける前の枝葉が伸びすぎた百日紅から原料をいただき
染液を作る作業にかかる。

運び込まれた百日紅の枝葉をハサミで小さく切って
寸胴に入れて煮出しの開始。
百日紅1  百日紅2  
同行した呉服業のおにいさんが主な作業をしてくださった。

脱線した内容もあり、長くなったので
百日紅染液を作る→灰汁(アク)と鉄媒染の液に浸すなどの工程は次のブログで。



きもの整理『風入れ屋』ストーリー③

kaze (1)  kaze (2)


前回この記事を書いてから半年以上が経過しての続編。
そもそも『風入れ』とは何ぞやという話も追加したい。

までは風入れの仕事を着付に追加していくきっかけになる話。

グレーゾーンの着物や帯を分類することで、全体像が見えてくる。
着物のことに特に意識がなくても、着る機会がありそうなもの、今後着る着物として1軍メンバー入りしたいものと
着るのに問題があるような古いシミがあったり、寸法が合わなかったりで“除外”していくもの。
それ以外はグレーゾーンである。

次にそのグレーな候補の中で、
見た時に自分の気持ちが上がりそうな色や柄を区別していく。
これはあまり時間を掛けずに。
ところが、その候補選びの際に多くの???が発生する。
風入れはその???に対しての解決策を提供するサービスと言ってもいいかもしれない。

“着る事が出来る”だけではない、“着たくなる”着物を目指すのだ。
“着たくなる”というのは、着姿として、着物・帯・小物・襦袢も含めた着姿全体への満足度。
当然のごとくご本人の個性や姿をより引き立たせる物としていく。

最初に依頼をしてくださった喫茶店で出会った女性は小柄なので
譲られた物も寸法が足りて、シミ・スレ・カビなどの問題が特にない着物も多かった。
とにかく好きな柄、着たい色の着物を選んで、さらに帯と小物をコーディネート。
“なりたい着姿”としての成立を目指して延々と作業が続く。

式ごとやパーティ用の後染め(裾模様の染物)の着物と
軽い食事会にも着て行ける紬・小紋などの分類をし、
いつも合わせている帯小物を変えて違うイメージで着る提案もしていった。

最終的には、抱えられない桐箱には黒に近いグレー(地色ではないw)な意識の着物を。
その他はわかりやすく、しかも取り出しやすく箪笥に納めて終了。
約2日と半日ほどかかったがその時間を通じて
少しずつそのお客様が持っている着物群との距離感を縮めて行くことができたのではと思う。


鎌倉五山第一位の建長寺に『宝物風入れ』という行事がある。
宝物の虫干しを兼ねた展覧会で毎年11月の文化の日に行われている。
ここから言葉をいただいた『風入れや』。
たとう紙を開くだけでなく、しっかり見てみるというのがその柱となる。
数十年前はダメだと思ってた着物や帯が意外なぐらい別の見方になって身近になったり
昔は気に入っていたものが別の印象になったり。

過去ではなく見た時点から先の将来へ向かって
ご自身と箪笥の中の着物や帯との付き合い方を考えていく為のお手伝いが
風入れや』である。


~続く~

facebook

プロフィール

宇ゐ

Author:宇ゐ
宇ゐのキモノブログへようこそ!
京都で着物スタイリスト、着付コーディネートをしています。
きものに関する出来事や気がついたことなどを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ようこそ!

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
オススメの書籍!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる